Kumera Getriebe GmbHのウェブサイトへようこそ。
前C.u.W.Keller GmbH Co. & KGは、2019年9月よりKumera Power Transmissions Groupの子会社であるKumera Getriebe GmbHとして新たな一歩を踏み出しました。
Slider

ニュース

 
 
 
 
 
 

Kumera Corporation(本社:フィンランド)が、産業用および船舶用ギアボックスメーカーであるC.u.W. Keller GmbH Co. & KG(本社:ドイツ、トロースドルフ)を買収いたしました。

Kumera Corporationのドイツの子会社であるKumera Getriebe GmbHが、今後C.u.W. Kellerの業務を継続します。2019年4月の破産発表以降、通常通り行われていた業務は、今後、Kumera Getriebe GmbHの名で引き継がれることになります。約160人の従業員のワークロードは高く、円滑な移行を可能にするはずです。

1947年に設立され、ファミリー企業のKumera Corporationは、3つのコア事業から成っています。ベースメタル用のプロセス機器、金属鋳造、船舶用および産業用のメカニカルパワートランスミッションです。

Kumera Corporationは、フィンランド、オーストリア、ノルウェー、中国、そして現在、ドイツの製造拠点には650人の従業員が勤務しています。Kellerの販売ネットワークに非常に適している、世界中の販売組織および大規模な代理店ネットワークを通じて、さまざまな機器、製品、サービスの提供を促進していきます。

Kumera Corporationのパワートランスミッションには、パルプ・製紙産業、冶金産業における、幅広い標準およびオーダーメイドのギアボックスとともに、中型外航船用の船舶トランスミッションおよび推進システムもあります。

KumeraとKellerの製品ラインは完全に互いを補完し合っています。KumeraとKellerはそれぞれのスキルを結合させ、R&D(研究開発)の方法を理解するとともに、生産効率を向上させ、増加した経済的発注量と業務委託の活用を改善する必要があります。

「これは間違いなく両者にとって、世界市場での地位を強化する絶好のチャンスです。私はKellerの従業員が、新しいオーナーを完全に受け入れてくれることを楽しみにしております。そして、彼らの会社への貢献により、計画した目標が達成できることを願っています。Kellerの高品質な製品と技術的優位性は、お得意様からも広く認知されており、将来の成果の確固たる基盤を築き上げるでしょう。」と、Helmut Hochegger氏は述べています。

Helmut Hochegger氏はオーストリア国籍を持ち、現在グラーツのKumera Antriebstechnik GmbHの代表取締役社長を務めております。彼は、Kumera Getriebe GmbHの新しい代表取締役社長に任命されました。

Kumera Corporation
Jukka Kyttälä (ユッカ・キタラ)、CEO
電話: +358 20 755 4200
[email protected]

2018年7月
研修生との研修旅行

7月13日から14日まで、今年のVulkaneifelのBeuerhofでの研修ツアーが行われました。Tipi村への2日間の遠足は、組立部門のチームから合計19人の研修生と2人のインストラクターが組織されました(www.auf-baeumen.de).。
屋外トレーニングの特別なハイライトは、自作のフライングフォックスとツリークライミングでした。

2018年3月

KELLERは、2つの立型ギアボックスからなるエッジャーをメキシコに設置するという、日本からの最初の注文を受けました。

2018年3月
コース - トロイスドルフ―ジグラー統合学校(Gesamtschule Troisdorf-Sieglar)の協力を得た学習パートナーシップ

2018年3月19日月曜日、KELLERは市との最初のコース学習パートナーシップに署名しました。トロイスドルフ―ジグラー統合学校(Gesamtschule Troisdorf-Sieglar)市長Jablonski氏、学長Heinrichs夫人、事務長Kerber氏、Rhein-Sieg-Kreisのコース本部長Jäger 夫人、IHK Bonn / Rhein-Sieg市のThomas氏、およびその他の招待客が署名付きの小さなお祝いに招待さました。
Jablonski市長は、人口動態の変化と、その結果として教育と労働市場が大きく変化しつつあることを演説で述べました。多くの職業分野の存在についてはしばしば学生は知識を持っていませんが、学習パートナーシップを通じて彼らはそれらを理解することになりました。その後の質疑応答で、学生はコース提携の内容について学びました。イベントの雰囲気は、クラス5.3と6.3の生徒による2曲の演奏によって大いに和められました。
この小さな儀式は、学習パートナーシップの署名と証明書の提示で終了しました.。

.l.クリスティン・ハインリッヒス(Kirsten Heinrichs)、ダリオ・トーマス(IHK)、ラインハルト・ケルバー(KELLER)、クラウス・ヴェルナー・ジャブロンスキー(Troisdorf市長)、サンドラ・テンプリーン(KELLER)、セブン・ベッカー(KELLER

2018年2月

2018年2月、KELLERは世界で最も強力な吸入浚渫船のために300トンのギアボックスを納入します。

そのギアボックスはDEME社との緊密な協力の下に設計されました.が、DEME社はカッターヘッド式浚渫船をSPARTACUSという名前で運営することになっております。浚渫船に関するノウハウの蓄積とプロジェクト期間中の両社の経験は、最適化された設計につながり、将来の浚渫機用ギアボックスの新しい基準を設定するでしょう。

その装置は、1つのカッティングヘッドギアボックス、2つのプロペラギアボックス、3つの掘削機ポンプギアボックス、および2つの横風ギアボックスから成ります。

カッティングヘッドギアボックスは、浚渫の中で最大のギアボックスであり、おそらく世界で最大の浸炭鋼製のギアボックスです。
その大きさは、KELLER社が今までに出荷した製品中で最大でした。プロジェクトマネージャーMarek Gechertが製造と組立の責任者を勤めました。幅7メートル、高さ5メートル、深さ6メートルの歯車式伝導装置であり、直径が最大3メートルの各種ギアが組み込まれています。

このリンクに新聞記事があります。

2016年6月

KELLERは上海にカッティングヘッド式浚渫船用の180トンの特殊ギアボックスを納入します。ギアボックスは9月に設置されるでしょう。

開発者でありエンジニアのMarek Gechertは、チームと一緒にギアボックスを設計し、製造しました。

KELLERは、このようなカッターヘッド式浚渫船用の特殊ギアボックスを提供しています。これらの船舶は、例えば、最近パナマ運河などの航行経路をさらに深くしたり、または拡張するために使用されます。

この歯車式伝導装置に使われている最大のギアは直径2.35メートルであり、重さは17.5トンです。歯車に加えて、Keller工場ではオイルポンプ、ポンプモニタ、プログラマブルコントローラなどの多くの監視機器が製造されています。トランスミッションの中国への到着に合わせて、KELLERの専門家が現地に飛び、設置と試運転を監督します。

KELLERは、2015年7月にトランスミッションの配送契約をすでに締結しています。しかし、一般的には、中国造船所とは長い間協力してきました。このようなプロジェクトは、数年間にわたって開発されることが普通です。

このリンクに新聞記事があります。

SCC**:2011 – 責任ある作業

014年、KELLER はTÜV ラインラントによってその責任意識を持った作業を認定されました。 この認定はSCC**:2011の規定に基づいています。 認定システム SCC (Safety Certificate Contractors)は安全要件と安全に対する意識を向上させるために開発されました。 これは安全、健康および環境(SHE)に関して、従業員の安全に配慮した行動によって事故の頻度を減少することを目指しています。 SCCは今日、最もよく知られている労働安全規定の一つであり、国際的に認知された、標準的な安全性、健康や環境管理の基準となっています。

最新技術でのKeller品質

最大径2,000 mm までのCNC フライス盤(2014年6月)
外部および内部フライス加工

最大径1,250 mm までのプロファイル材歯面研削盤(2014年3月)
外部および内部フライス加工および測定装置

最大径4000 mm までのCNC フライス盤(2013年10月)
外部および内部フライス加工

最大径2,000 mm までのプロファイル材歯面研削盤(2011年)
外部および内部フライス加工および測定装置

CNC 普通旋盤 最大径1,600 mm x 6,000 mm (2009年)

CNC ボーリングミル (2008年)
最大走行距離 x=7,000 mm、y=3.500 mm
z=1,500 mm (ガーダー)、w=700 mm (スピンドル)

最大径4,000 mm までのプロファイル材歯面研削盤(2008年)
外部および内部フライス加工および測定装置

最大径3,600 mm までのCNC 縦旋盤 (2007/2009年)
および駆動ツール

内外部立て削り盤 最大径3,500 mm (2007年)

Ökoprofit 2012

2012年12月12日にKELLERは「ÖKOPROFIT(エコプロフィット)-Betrieb Troisdorf 2012」を受賞しました。これは環境を保護し、コストの削減を目的とする、エネルギー管理システムDIN EN ISO50001および、環境マネジメントシステムDIN EN ISO14001標準の前段階となります。トロースドルフ市の11社の企業、市のTROWISTA(排水処理機関)、TROWISTA、都市トロイスドルフ、公営 企業、起業家クラブPro Troisdorf、NRW州効率代行機関および、B.A.U.M.の協力によって、様々なワークショップで目的を達成するた めの対策が議論されました。 対策実施において重要な点の一つに、持続可能性が挙げられました。

私たちは数年前からすでに、常に省エネと効率に関するテーマに取り組んできました。 その際、工場のドアを交換し、天井には断熱加工を施工し、照明を一新し、管理棟の窓や天井の断熱材を交 換しました。 そのため、プロジェクト「Ökoprofit」に関する相談や他の企業との意見交換を大変歓迎しました。

このプロジェクトのために、多大な 投資がなされました。 より効率的な 熱回収システムを備えた圧縮空気システムの購入、 オイル貯蔵及び排気設備の最適化、古いプリンタの交換によって年間の電気量は € 14.200節約され、つまり、 5.5 t CO2 および、 29,200 kWh となります。建物の断熱施工などのその他の対策、電流測定や ピーク電流の低減および管理棟におけるヒーターの交換が 2013年に計画されています。

伝統とイノベーションの出会い

これは「Köln Bonn Manager」2012年06-07号のタイトルでした。 ミュンヘン工科大学の調査において、KELLERはケルン/ボン圏で最も集中的に調査が実施されている企業の一 つであることがわかりました。

将来への投資

これは、2009年のプレスリリースのタイトルによってKELLERに世間の注目が集まりました。 金融危機の真っ只中での経済界からの吉報でした。 記事が公開された直後にKölner StadtanzeigerにKeller関連の記事、「Baggern mit Spicher Zahnrädern」が紹介されました。その記事の中で、KELLERの将来への視点とともに、ポジティブな雰囲気が写真で掲載されました。 さらに、テレビ会社RTL とWDR で報道されました。 また、それによって興味を持ったデュッセルドルフ経済産業省に招かれ、ディスカッションの夕べ「„Bei uns“(私たちの場合)」の一環として、産業省ロビーでの展示会に合わせてプレゼンテーションを行いまし た。

KELLERが 2010年度企業賞を受賞

2010年9月に起業家クラブProTroisdorf e.V.の年間表彰式が行われました。 今年のテーマは「Troisdorf in トロースドルフから世界に」でした。 この症のために、、ボン大学によって基準表が作成されました。 2010年3月に、応募要項が作成され、9月には結果が通知されました: KELLER は2010年度のトロースドルフ市のベスト企業として選ばれました!

KELLER は研修企業として評価されました

2010年11月に、2009年/2010年冬学期研修終了試験における、当社の研修生の優秀な成績「sehr gut」によって、ボン/ライン・ジーク地域の商工会議所から、「2010年度商工会議所内最優秀産業販売員研 修企業」として表彰されました。